小説「共喰い」をレビュー 

小説「共喰い」をレビュー 

「共食い」じゃなくて「共喰い」なの?あえてその漢字にしたあたりちょっと好感が持てる・・・。著者のことは全く知りませんでしたがこういう些細なところから興味を惹かれることも多いです。

本屋さんで本を選ぶ時は装丁、タイトル、だけで選ぶことが多いですがその本の主人公や登場人物の生い立ちが自分と重なっていた時は運命を感じたりするものです。さてそんな「共喰い」は一体どんな内容なのでしょうか。簡単なあらすじとネタバレなしのレビューでご紹介いたします。




「共喰い」について

2012年に芥川賞を受賞した作品。人間の性と暴力について描かれた純文学です。セックスの時に暴力を振るうという父親のことを批難しつつも自分の中にその父親の血が流れているということを自覚し悩む青年のお話です。

作者について

共喰いの作者である田中慎弥さんは1972年山口県出身。「冷たい水の羊」で新潮新人賞受賞、「蛹」で川端康成文学賞を受賞、「蛹」を収録した作品集「切れた鎖」で三島由紀夫賞など、文学的評価の高い作家さんです。

参考サイト:田中慎弥 | 著者プロフィール | 新潮社

「共喰い」で芥川賞を受賞した時に、「もらっといてやる」と発言したことで一躍有名になりました。引きこもりで働いたことがないということでも話題になりましたね。実は私も田中慎弥さんと同じ山口県の生まれで、芥川賞を受賞した時には山口県の作家ということで親近感を覚えました。

あらすじ

セックスの時に女性を殴ることで快感を覚える父・円とその息子遠馬、そして円の愛人の三人の暮らしを描いた作品。遠馬は恋人と接していくうちに自分の中に父親の異常な性癖があることに気づき始め葛藤します。

レビュー

親のような人間になりたい、と思える子供は幸せだと思います。遠馬は父親の性癖を目の当たりにして、父親のようにはなりたくないと思う一方、だんだんと父親と似ている自分に気づき始めて悩みます。父親の血が流れているからどうすることもできない本能と、そういう風にはなりたくない理性がぶつかり合い遠馬を苦しめていきます。

どんな人間も全てにおいて批難されるわけではない。父・円はたしかに異常な性癖があり暴力を振るうということに関しては正当化できるものではありませんが、それでも遠馬の母であったり愛人がいるというのは、円にも人を惹きつける別の魅力があるということです。

母親は片腕がなくそのことで差別的扱いを受けてきましたが、円は偏見を持たず接したことからそこに優しさを感じたのでしょう。しかし円にとって片腕がない人間というのは自分にとって都合の良い人間だったのかもしれません。人の苦しむ姿を見て楽しむ人間は支配欲が強いのだと思います。江戸川乱歩の「芋虫」という作品のことを思い出しました。

小説の舞台は昭和の山口県ということで、方言も強く馴染みのない地方の人にはわかり辛い部分もあるかもしれませんが、やはりこの世界観を出すには必要だと感じました。素晴らしい作品に共通して言えることは、人物の心理だけでなく情景描写が優れているということです。作品の重々しさやじとっとした気持ち悪い生温さが読んでいる人の周りの空気さえも変えてしまいそうです。


スポンサードリンク

mubook的評価

悲しい ★★☆☆☆
切ない ★★☆☆☆
苦しい ★★★☆☆
暗い  ★★★★★
重い  ★★★★★

合計 17/25★
病んでる度68%

どんな人におすすめ?

・親子の関係性に悩んでいる人
・山口県、広島県出身の人(方言が理解できるのでより物語が入ってきます)
・欲求に勝てない人

映像で楽しみたい人はこちら

 

菅田将暉主演で2013年9月7日映画化されています。原作とはラストが違いますが、映画版の終わり方は原作者の田中慎弥さんも評価しています。

まとめ

衝撃的な内容、現実とはかけ離れた作品だという声もありますが、私はそういう風には全く感じませんでした。そもそも本(とくに純文学)が現実的である必要はないのです。どういうストーリーなのかよりも、人間の本質や性質をいかに愚直に表現しているかが重要なのではないでしょうか。

「共喰い」を読んでいくと自分の中にある自分にも隠したい本音が見えてきます。自分の嫌なところから逃げるのではなく、とことん向き合い時に苦しみもがくことも人生において必要なことかもしれません。

 

カテゴリの最新記事