小説「藪の中」をレビュー!藪の中の意味とは?

小説「藪の中」をレビュー!藪の中の意味とは?

真相は藪の中、の語源になった芥川龍之介の超短編小説「藪の中」。私の一番好きな芥川小説です。自分の小説のタイトルが日本語の表現の一つになるなんて素敵ですね。そんな「藪の中」の評価とレビューをしました。




藪の中について

平安時代に起きた殺人と強姦事件について、3人の当事者と4人の目撃者の証言が書かれています。起こった事件に対してそれぞれ証言が違っており、誰が本当のことを言って誰が嘘をついているのかがわからず最後まで真実はわからないまま終わります。真実が不分明になることを称して「藪の中」と言うのはこの作品からきています。

 

作者について

「藪の中」の作者、芥川龍之介は1892年東京生まれ。文学が好きな人でなくても名前は聞いたことがあると思います。「羅生門」や「蜘蛛の糸」「地獄変」などは教科書にも載っており、歴史的小説家の一人です。

短編小説はとくに評価が高く、「鼻」は夏目漱石の激賞を受けました。1925年(33歳)頃から体調がすぐれず、1927年に服毒自殺をします。自殺の動機として記された「唯ぼんやりとした不安」という言葉は有名ですね。

内容

藪の中で一人の男が胸を刀で突かれ死んでいます。死体の第一発見者や、関係者の証言から始まり、多襄丸という盗人、殺された男の妻、巫女(殺された男)の3人がそれぞれここで起こったことを話すのですが、3人の証言は食い違っています。

多襄丸は男を殺したのは自分だと言い、妻は夫を殺したのは自分だと言い、夫は自害したと証言します。

レビュー

この作品を読み終わった後、誰が本当のことを言っているのかしばらく考えましたが3人の話で明らかにおかしい証言はなく、誰の話が本当でもおかしくないので結論は出せませんでした。20分くらいあれば読み終わる長さなので、登場人物の性格も細かいところまではわかりません。

真実を追求すればするほど余計わからなくなってしまい、まさに藪の中となります。読後の釈然としない気持ち悪さが読者の不安となり、思考を錯乱させます。証言の正当性や証言者の立場から真実を見つけようと考察した人も多いと思いますが、それも結局可能性にしかあらず、このモヤモヤした感情を完全に消し去るには至らないでしょう。

まさにミステリーといった感じでぼんやりした結末の作品です。スッキリ解決して終わりたい派とわからないまま終わりたい派の人がいると思いますが、後者にはよりおすすめできる作品です。

そしてこんなに短い文章で一つの物語を作ってしまう芥川龍之介に心から敬意を表します。


スポンサードリンク

mubook的評価

悲しい ★★☆☆☆
切ない ★★★★☆
苦しい ★★☆☆☆
暗い  ★★★★★
重い  ★★★★☆

合計 17/25★
病んでる度80%

どんな人におすすめ?

・ミステリーが好きな人
・芥川龍之介の本をこれから読もうとしている人
・考えるのが好きな人

映像で楽しみたい人には

「藪の中」を原作とした映画は多数ありますが、その中でもおすすめなのが「MISTY」です。金城武、天海祐希、豊川悦司が出演している映画で、1997年10月にVHS(ビデオ)、2000年4月にDVDが発売されています。官能ミステリーで少しエロいです。

そして天海祐希が素敵すぎます。

しかしこのDVD、廃盤希少品で新品だと1万4千円前後、中古でも1万円前後とプレミア価格がついています。私はレンタルショップがDVDではなくVHSメインに置かれていた時代にたまたま見つけて観ることができたのでラッキーでした。VHSなら中古で安く手に入りますが数はかなり少ないと思います。

 

MISTY [VHS]

↑ビデオの「MISTY」アマゾンで唯一見つけることができました。パッケージがアダルトなので文字リンクだけにします。

 
一番有名なのは1950年公開、黒澤明監督の映画「羅生門」です。芥川龍之介の小説「羅生門」と「藪の中」を原作とした映画で、公開当初は日本での評価が低かったのですが海外での評価が高く、この映画をきっかけに黒澤明監督と日本の映画は世界で認知されるようになりました。

アカデミー外国語映画賞など様々な映画賞を獲った有名作品なので、デジタル完全版としてちゃんとDVDになっています。
 

最近だと「藪の中」を原作として、盗賊の多襄丸を主人公にした「TAJOMARU」という小栗旬主演の映画もあります。こちらは原作とはかなり違った話の展開です。原作が難しく感じた人や単純に小栗旬が好きな人にはおすすめできますが、原作に忠実でないと嫌な人にはおすすめできません。

 

まとめ

芥川龍之介は短編小説ではとくに評価が高く、その中でも超短編の「藪の中」は私が最もおすすめする作品です。すごく短いので「藪の中」だけを収録している本はなく、短編集として他の作品と一緒に収録されています。

何度も読んで真実を探してみるのもよし、真実がわからないまま作品の世界観に浸るのもよしです。ちなみに私は「藪の中」について、状況的にはどれも真実になり得るので実際に起こったこと(事実)には大して意味はない、という解釈で完結しております。
 

カテゴリの最新記事