小説「蛇にピアス」をレビュー

小説「蛇にピアス」をレビュー

思い入れのある作品って自分と重なる主人公がいたりしませんか?病んでる人こと青海ゆうきです。「蛇にピアス」の主人公と自分がシンクロしすぎていて某エヴァンゲリオンのように本に溶けてしまいそうでした。早くエヴァの映画が観たいですね。

ということで今回はエヴァ、じゃなくて「蛇にピアス」のレビュー記事です。




「蛇にピアス」について

第27回すばる文学賞を受賞し、綿矢りさの『蹴りたい背中』とともに、第130回芥川龍之介賞を受賞した作品です。生きている実感のない19歳のルイがスプリットタン(蛇のような二つに分かれた舌)にしていく過程や背中に刺青入れるお話です。

過激な内容ながらも物語の純粋さや細部描写の秀逸さから評価された作品です。2008年9月に映画化されています。

作者について

1983(昭和58)年、東京出身の金原ひとみさんは『蛇にピアス』ですばる文学賞し翌年に芥川賞を受賞しました。デビュー作が芥川賞を受賞し、同時受賞者の綿矢りささんは最年少受賞者ということで話題になりました。(綿矢りささんと金原ひとみさんは同学年ですが綿矢さんのほうが半年誕生日が早いため金原ひとみさんは最年少受賞者とはなりませんでした)『TRIP TRAP』で織田作之助賞、『マザーズ』でドゥマゴ文学賞を受賞し、若くして活躍している小説家です。

参考サイト:金原ひとみ | 著者プロフィール | 新潮社

内容

主人公のルイは恋人のアマのスプリットタンに憧れ、アマの行きつけの店の店主シバに舌ピアスをあけてもらいます。生きている実感のなかったルイは、ピアスを拡張していく痛みに取りつかれアマには内緒で背中に刺青をすることを決めます。

ある日の夜、ルイが友達と歩いていると知らない男たちに絡まれます。恋人のアマはそれに激昂し男たちに暴力を振るい歯を二本奪います。この事件で警察が動き始めたことを知ったルイはアマの容姿を変えたりと捕まることに不安を抱きながら生活します。

レビュー

私は十代の頃初めて耳にピアスをあけてから、二十歳になるまでには2Gのボディピアスをしていました。(ボールペンが通るぐらいの穴でピアスを外すと向こう側が見えるくらいの大きさです)そこまで大きな穴にするには少しずつ拡張していかなければならないし、当然痛みも伴います。オシャレとしてピアスをする、というよりは痛みの先にある成果を保有したかったと言ったほうが近いです。

話は少しそれますが、リストカットをする人の多くは、切る時の痛みと流れる血を見ることで生きている実感を得られると言います。人間にとって生きている実感というのは当然あるものですが、心が死んでしまっている時には生きている実感を得られず、その実感を早く取り戻そうと自分を傷つける行為に走るということがあるのだと私は自分の経験から学びました。

この作品は、ピアスや刺青のファッション性ではなく、完成するまでの過程で感じる痛みを通して自分の存在を確認している、という内容です。ルイと似たような経験をしたことのある人には共感を得やすい作品ですが、例えばボディピアスや刺青に対して「そこまでする必要がわからない」と思っている人にも読んでほしい作品です。


スポンサードリンク

mubook的評価

悲しい ★★☆☆☆
切ない ★★★☆☆
苦しい ★★★★☆
暗い  ★★★★☆
重い  ★★★★☆

合計 17/25★
病んでる度85%

どんな人におすすめ?

・ボディピアスや刺青をしたことがある人
・虚無感を抱いている人
・自分を傷つける行為について理解ができない人

映像で楽しみたい人は

2008年9月に金原ひとみさん本人の意向を受けて蜷川幸雄監督による映画が公開されました。主演の吉高由里子さんの初主演映画です。他にも高良健吾、小栗旬、唐沢寿明、藤原竜也と豪華なキャストです。

ストーリーは原作にかなり忠実ですが、やはり映画というのは難しいですね。R15指定なんですが、映像のインパクトが強すぎて肝心の主人公の心情がなかなか入ってきません。原作を読んでない人が映画を観ると、一体何の映画だったんだと思うかもしれません。この映画は原作を読んでから観るのが一番楽しめる方法な気がします。

 

音楽を楽しみたい人は

芥川賞受賞作品を映画化するとあまり評価が良くないのは、純文学を映像化するのは難しいってことなんだと思います。エンターテイメント作品はストーリーの展開やキャラの個性が特徴的で映画にもしやすいと思うんですけど、純文学は人の内面や物事に対する考え方のほうに重点があるので、映像にするとどうしても表面だけになってしまいます。

ただ音楽は感覚に働きかけるものなので原作の雰囲気を映像よりも表現しやすいんじゃないかなと思います。ということでサントラです。

 

好きな小説が映画化されると嬉しいのはサントラが聴けるからと言っても過言ではありません。

まとめ

今でこそボディピアスや刺青はファッションの一部として理解されつつありますが、この本が出版された約10年前は若者であってもこれらに偏見を抱く人も多い時代でした。そんな中「蛇とピアス」は人体改造にのめりこんでしまう若者の心の闇やマイノリティな人間の心理をストレートに描いたことで注目を浴びた作品だと言えます。難しい言葉や表現は使われていないのに人間の心理が細部まで表現されています。是非読んでみてください。

 

カテゴリの最新記事