小説「去年の冬、きみと別れ」をレビュー

小説「去年の冬、きみと別れ」をレビュー

できるなら一生眠っていたい。睡眠こそ至福の時間、なのに不眠症、どうも病んでる人こと青海ゆうきです。昼間も寒くて布団から出るのが億劫になってきました。

日本の素晴らしいところの一つ、四季。でもここ数年秋をあまり感じることなく一気に冬になっているような感じがします。新潟は冬が長いですからね。

冬と言えば「去年の冬、きみと別れ」を最近TSUTAYAでDVDレンタルが始まっているのを見かけました。ということで今回は中村文則さんの小説、「去年の冬、きみと別れ」をレビューしたいと思います。




「去年の冬、きみと別れ」について

2013年に幻冬舎から刊行された中村文則さんの小説です。芥川龍之介の「地獄変」がモチーフになっています。叙述トリックを用いた作品で短い小説ですが一回読んだだけではなかなか理解しきれない部分も多いです。

作者について

この本の作者、中村文則さんは1977年9月2日愛知県出身。たまたまですがこの記事を書いているのも9月2日で勝手に運命を感じました。2002年に「銃」で新潮新人賞を受賞してデビューし同作品は芥川賞候補となりました。3年後の「土の中の子供」で芥川賞を受賞し、それ以降の作品は英訳版が海外で評価され、現在18ヵ国で翻訳刊行されています。

参考サイト:小説家 中村文則公式サイト -プロフィール-(更新2017年9月1日)最終閲覧2018年9月2日http://www.nakamurafuminori.jp/profile.html

内容

ライターの「僕」は二人の女性を殺した容疑で捕まっている男に会いに行きます。そこで男と話していくうちに、本当にこの男が殺したのか、だとしたらどうして殺したのか、「僕」は疑問を抱くようになり、その殺人事件について思考を巡らせていきます。

レビュー

二人の女性を殺した容疑で捕まったカメラマンの木原坂雄大は、美しい写真を撮るということに翻弄され常人では考えられないようなある瞬間を撮ろうとします。それが芥川龍之介の小説「地獄変」の絵師とリンクしているんですね。

地獄変は、実際に見たものしか描けない絵師が地獄絵図を描くために弟子を縛りあげて梟につつかせその様子を描いたりと、狂気に満ちていました。絵の大半が描き終わった絵師は、絵を完成させるめに車の中で女が焼け死ぬ様子を描きたいと、絵を描くように命じてきた大殿に相談します。

そしてそれを承諾した大殿は、絵師の娘を車に閉じ込め火をつけます。絵師は娘を助けることなくその様子をその目に焼き付けるように眺めていました。後日、絵は完成し献上したあと絵師は部屋で自分の命を絶ちます。

この芸術のために全てを捧げるという部分が、この小説の核にあるのですが、ただそれだけでは終わらない叙述トリックを用いたミステリーとして中村文則さんは書きあげています。

主人公の「僕」の視点での場面、手紙のやりとり、木原坂雄大との対話、と単一視点でなく色んな角度から物語が進んでいくので、誰が、何を、どうした、というのが意図的にわかりにくくなっています。そういうところがミステリーの要素ではありますが、本格ミステリーというよりは純文学に近いと感じました。

芸術に魅了され狂気じみた行動に出るというのはとても共感を得る部分でもありました。私もそういう瞬間があって、完全に理性が飛んでいっちゃうんですよね。芸術とは無縁だと思っている人も、小説だったり音楽だったり、絵だったり、好きなものはありますよね。

芸術を生み出す人とそれを受け取る人、どちらかに分かれるだけで人間は芸術から逃れることはできないんじゃないかと私は思います。


スポンサードリンク

mubook的評価

悲しい ★★★☆☆
切ない ★★★☆☆
苦しい ★★★★☆
暗い  ★★★★★
重い  ★★★★☆

合計 19/25★

病んでる度85%

どんな人におすすめ?

・芸術という概念に興味がある人
・叙述トリックが好きな人
・不気味な雰囲気が好きな人

映像で楽しみたい人には

冒頭でも少し触れましたが、2018年3月に岩田剛典主演で映画化されています。映像化不可能と言われていた作品ですが、ついに映画化されました。わかっていたことではありますが、原作通りではありません。叙述トリックを用いた作品は、映像として見えてしまうとそれがネタバレになっていまいますので、ミステリーとして成立しなくなります。

「去年の冬、きみと別れ」も映像化するにあたって変更点がかなりあります。原作というより原案という風に考えて観たほうが良いかもしれません。

 

まとめ

タイトルの「去年の冬、きみと別れ」は物語の後半にその意味がわかります。奇怪な登場人物と叙述トリックと用いた文章を楽しみながら秋の夜長のお供にしてみてください。一度目は何も考えずに、二度目は内容を把握した上で伏線を回収しながら読んでいくのもオススメです。

 

カテゴリの最新記事