「時限爆弾」MUCCの新曲をレビュー

MUCC「時限爆弾」をレビュー 音楽

MUCC大好き、青海ゆうきです。

 

先日、「時限爆弾」に収録されているTIMERのMVが公開された。

「時限爆弾」は一応シングルだが、4曲も入っているとってもお得なシングルだ。

しかもメンバー全員がそれぞれ作詞作曲をしている。

今日はそんな「時限爆弾」のレビューをすることにする。




スポンサーリンク

時限爆弾のレビュー

今のMUCCっぽさと昔のムックっぽさがミックスされているなぁという印象。

シングルだがタイトルの「時限爆弾」という曲は入っていない。

そのかわり歌詞の中に時限爆弾の単語が登場している。

 

生と死と君

作詞作曲はミヤ。4曲の中で一番今のMUCCっぽい曲。

間奏はツインギターでXJAPANを彷彿とさせる。

アップテンポのロックだが、メロディーはそんなに速くない。

途中のシャウトが切ない。

メンバーみんなで「ウォーゥウォーゥ」って後ろで叫ぶの、僕は好き。

「咆哮」、「D.f.D」「TONIGHT」などに似たような部分がある。

TIMER

作詞作曲は逹瑯。似ている曲が思いつかない。

ベースから始まってベースで終わる曲。

MUCC好きならこの曲は好きだと思う。

ちょっとレトロな感じがする。



マゼンタ

作詞作曲はYUKKE。生と死と君が今のMUCCならマゼンタは初期のムックだ。

サビ前までは「絶望」や「我、在ルベキ場所」みたいに早口でサビはキャッチーなメロディー。

そしてサビの歌詞がMALICEMIZERの月下の夜想曲とかぶっていて面白い。

これはわざとリスペクトで被せたのか、それともたまたま被ったのかわからないが

マリスを知ってる人が聴くと、なんかこの歌詞どっかで・・・と考えるだろう。

レクイエム

作詞作曲はSATOち。「時限爆弾」で僕が一番好きな曲だ。

バラードでとっても壮大。

「雨のオーケストラ」、「シャングリラ」みたいなマイナー調のバラード。

SATOちっって天才なんじゃないかと思う。

時限爆弾の感想

実はあまり期待していなかったのだが、聴いてみたら全部いい曲だった。

MUCCは大好きだが、好きな曲とそんなに好きじゃない曲はあって

時限爆弾は好きの部類に全部入った。

多分、全部マイナー調で歌詞が暗いからだと思う。

昔のムックの暗い歌詞とはまた違って、抽象的な表現になっている。

「T.R.E.N.D.Y. -Paradise from 1997-」みたいに90年代のV系へのリスペクトを感じた。

古き良き時代の音楽をリスペクトしながら独自の音楽を創り続けるMUCCを僕はこれからも応援する。

 

タイトルとURLをコピーしました