DIR EN GREYの心が重たくなるおすすめ曲5選

DIR EN GREYの心が重たくなるおすすめ曲5選

こんばんは、超絶夜型人間で更新がいつも夜の青海ゆうきです。昔からビジュアル系の音楽が好きな私ですが、ビジュアル系なら何でも好きというわけではありません。ビジュアル系と言っても色々なバンドがいますからね。

見た目がホストっぽくて曲もポップな感じのバンドもいますし、見た目からして病んでる!っていうバンドもいます。

その中でDIR EN GREYはどれにも属さない唯一無二のバンドです。昔は病んでる系のコテコテメイクのバンドでしたが、だんだんとDIR EN GREYの世界観が深まって今ではジャンルにとらわれない独特な存在となっています。

今回はそんなDIR EN GREYの曲の中でも心が重たくなるような鬱曲を5曲ご紹介いたします。




DIR EN GREYについて

1997年結成、京(ボーカル)、薫(ギター)、Die(ギター)、Toshiya(ベース)、Shinya(ドラム)の5人組バンド。

ビジュアル系ロックバンドとしてデビューしましたが、今ではジャンル、カテゴライズ不要、不能。独自の世界観で創り出される曲は当初から人間の感じる痛みをテーマにしています。

 

View this post on Instagram

 

DIR EN GREYさん(@direngrey_official)がシェアした投稿

結成から2年後の1999年には今話題のX JARAN・YOSHIKIプロデュースのもと、「アクロの丘」、「残-ZAN-」、「ゆらめき」のシングルを同時発売し、これらの曲は全てオリコン10位以内に入っています。

「残-ZAN-」と言えば、ミュージックステーションに出演した時の話が有名ですね。過激なパフォーマンスと曲に対して「子供に見せられない」とテレビ局に苦情が入り、以後Mステには出演しなくなったというお話です。たしかにその頃のメイクや衣装、曲のPVはグロテスクなものが多かったです。私的には問題のようには感じませんでしたけどね。メディアは批判的な意見にすぐ動かされるものだから仕方ないのかもしれませんが。

2007年頃まではライブでパフォーマンスとして自傷行為をすることもありました。口の中をひっかきまわして口から血を出しながら歌ったり。ギタリストがギターを振り下ろして壊したり、YOSHIKIがドラムセットを投げたりするボーカル版といった感じですね。それにもやはり批判はありました。ちなみに私はアーティストが表現のためにすることに制限などないと思っています。

そんなDIR EN GREYですが、今や日本だけでなく海外での評価もとても高いです。米ビルボード誌Top Heatseekersチャートでは1位も獲っていて、YouTubeでは視聴者のコメントも海外からと思われる英語のコメントがかなり多いです。

ちなみにDIR EN GREYのファンのことは「虜」と言います。たしかにDIR EN GREYの世界に一度入ってしまったら虜になってしまいます。

ビジュアル系が好きじゃない人でも世代の人(現在35歳~40歳ぐらいの人)なら先ほど紹介した3曲と「-I’ll-」「予感」あたりの初期シングルはかなり売れているので知っている人もいると思います。

mubook(当ブログ)ではダークな作品をメインに紹介していますが、DIR EN GREYの曲は全て紹介してもいいぐらいです。マイナーコードがメインの曲がほとんどで、明るい曲を探すほうが難しいです。それと、痛みをテーマにしているという軸がぶれていないんですよね。それが昔からファンが離れていかない大きな理由だと思います。

心が重たくなるおすすめ曲5選を紹介

前置きが長くなりましたが病んでる人こと青海ゆうきの選ぶ、DIR EN GREYの心が重たくなるおすすめ曲を5つご紹介いたします。心が沈んでいる時、病んでいる時、落ち込んでいる時に聴くとさらに病んでしまうような重たい曲ですのでご注意ください。

咀嚼

2014年12月に発売されたアルバム「ARCHE」(アルケー)に収録されている曲です。歌詞が抽象的で解釈が難しい曲です。

丑三つ、3つの~というフレーズ、そしてこのアルバムの全体的なイメージから、輪廻していく子供の魂が現世に閉じ込められて彷徨っているというイメージを私は持ちました。

デスボイスやシャウトはほとんど入っていない聴きやすい曲です。サビ以降のハイトーンボイスは京さんにしか出せない、力強くもどこか悲観的な美しさが漂います。

濤声

こちらもアルバム「ARCHE」(アルケー)に収録されている曲です。「とうせい」と読みます。こちらもやはり抽象的な歌詞ですが、咀嚼よりはわかりやすいです。

大事な人を失ってしまった時に、「悲しい」「辛い」「苦しい」という感情が大きすぎてそれを隠すように何でもなかったかのように過ごしてみるけれど、ふいに涙がこぼれて一気に負の感情が押し寄せてきた時に、自傷行為をしてしまった。滴る生暖かい血を見て、「自分は死にたいぐらい傷ついているんだ」という実感を得る。

大事な人が遠ざかっていき、心の奥底にある感情が徐々に「自分はそんな世界に生きているんだ」という実感を沸かせる。

こんな感じに私は解釈しました。こちらもデスボイスやシャウトはほとんどなく、サビ前は優しい低音、サビは切ない高音のメロディーが心を締め付けます。

空谷の跫音

【荘子《徐無鬼》「それ虚空に逃るる者・・・人の足音の跫然たるを聞きて喜ぶ」】空谷に聞こえる人の足音。転じて、寂しく暮らしている時に受ける人の訪れ。また、非常に珍しいことのたとえ。

広辞苑第六版 P782「空谷」の項より

タイトルは故事のことわざなんです。勉強になりましたね。

歌詞の解釈ですが、途中に115時間という数字が出てくるんですが、これを色々調べてみると、受精卵から胚盤胞が形成されるまでの時間がだいたいそれぐらいだそうです。それを意識するとこの曲の歌詞は、流産してしまった女性の歌なんじゃないかと感じるようになりました。
ガゼットの「紅蓮」に近いですね、

タイトルの空谷の跫音の意味、寂しく暮らしている時に受ける人の訪れ、は妊娠したということなんじゃないでしょうか。
全ては私の想像に過ぎませんが。

失恋したあとの歌詞にもなりそうだし、人によって受ける意味に違いが出てきそうです。

こちらもデスボイス・シャウトは一切なしでスローテンポの曲です。こちらも「ARCHE」に収録されています。名盤決定ですね。

 

蟲-mushi-

2002年1月に発売されたアルバム「鬼葬」に収録されている曲。アコギから始まる静かでスローテンポな曲で自分の本当のことや過去のことを人には話せず、心を閉ざして生きていく辛さを歌っています。

人を信じることもできない孤独の中、こんな世の中で本当の自分を殺していく痛みを歌っています。

先ほど紹介した3曲よりも叙情的な歌い方でDIR EN GREY初期~中期の京の歌い方の良さが詰まった一曲です。

 

CONCEIVED SORROW

2007年2月に発売されたアルバム「THE MARROW OF A BONE」に収録されている曲。タイトルの意味ですが、CONCEIVEDは創り出される、という意味、SORROWは悲しみ、悲痛、悲嘆などの意味があるので、生まれた悲痛、とか、(私の中で)作られた悲しみ、といったような訳になります。

不穏なピアノのイントロから入り、曲の静かな部分(サビ以外)には京の語りかけるような声とピアノの音色が散りばめられています。

孤独は人を残酷なまでに傷つけ滅ぼし、しかし生きていくためにはこの孤独や痛みは隠していかなければならない。優しいさは全て嘘だと感じ、愛など信じることもできない自分は、裏切りのない優しさに包まれて静かに眠りたいと絶望しながら生きていく、そんな歌詞です。この5曲の中で一番のお気に入りです。

 

いつも曲別にmubook的評価をしていますが、今回は評価が似ているので総合評価だけしておきますね。

激しい★★★☆☆
静か ★★☆☆☆
ポップ★★☆☆☆
暗い ★★★★★
切ない★★★★☆

病んでる度90%

※「蟲-mushi-」だけは激しい★0の静か★4です。

まとめ

DIR EN GREYの心が重たくなる曲5選では「ARCHE」から3曲、「鬼葬」から1曲、「THE MARROW OF A BONE」から1曲が選ばれました。アルバム別で見ると、心が重たくなる、というカテゴリーでは「ARCHE」がおすすめです。

そして明後日、2018年9月26日に新アルバム「The Insulated World」が発売されます!公式YouTubeで試聴しましたがかなり期待できるアルバムです。聴き込んだらレビューしようと思いますのでまたよかったら読んでくださいね。

 

DIR EN GREYの曲はまだまだおすすめがあるので、そのうちまた記事にします。抽象的な歌詞であるということと聴いただけではなかなか何と言っているかがわかりにくいので、最初に聴く時は歌詞カード必須です。

音楽カテゴリの最新記事