ブログを始めたきっかけはクラウドソーシングに嫌気がさしたから

ブログを始めたきっかけはクラウドソーシングに嫌気がさしたから

こんばんは、病んでる人こと青海ゆうきです。本や音楽以外の記事を書くのはこれが初めてです。ブログは始めたばかりの新参者ですが、ここで出会ったのも何かの縁でございます。あなたの日常の一部になれたらいいなと思いながら更新していきますのでよろしくお願いいたします。

さて、今年は副業解禁元年と言われていますね。これまで副業をしていなかった人でもこのニュースを機に副業してみよっかなぁと思う人もいるかと思いますが、副業で検索するとよく出てくるのは在宅ワーク。実は私も在宅ワークをしていました。




クラウドソーシングの罠

私がしていたのはクラウドソーシングというパソコン1つでできる副業でした。有名なのだとランサーズ、クラウドワークス、とかですかね。文章が書くのが好きなのでそれが仕事にできたらいいなぁというのと、書く時間を増やして自分の技術を上げたいという思いから始めたのですが、この2つの希望は叶うことなく半年もしないうちにやめちゃいました。

主にしていたのはサイト・ブログ記事の執筆、記事の構成、出来上がった文章をワードプレスなどでネット上にアップする作業など、ライティングという分野の仕事です。

本当に稼げるのか

稼げるか稼げないか、と言われたら私は稼げないと言いますね。ライティングの仕事はだいたいが文字単価で報酬が支払われます。

プロの人が文字単価1円から2円、もっともらっている人もいると思いますがそれぐらいです。募集している仕事を見ると一番低いのが文字単価0.1円高くても1円で、0.3円から0.5円ぐらいの募集が多いです。

文字単価と言ってもピンとこないかもしれませんがそこそこの長さのサイト記事は3000字から5000字くらいです。文字単価0.5円で3000字の原稿を書いたら1500円ということになります。

これだけ見ると、あれ?稼げるんじゃない?と思いますよね。けどほとんどの依頼は原稿を書くだけじゃないんです。

一番酷かったと思う仕事の内容は3000字で1500円、文字単価0.5円

(ここまでは悪くない)

専用のツールで記事を書く

(これも悪くない)

記事、見出しに合った画像を30個用意する

(聞いてないし多すぎる)

その画像のリンクも貼らなきゃいけない

(地味に面倒)
キーワードが指定されていてその個数が尋常じゃない

(この数で3000字の文章を書いたらキーワードだらけになって明らかに不自然になる)

構成がおかしくてまともに記事を書くことに集中できない

などなど。画像を自分で用意して貼り付けるだけでどんだけ時間かかると思ってるんだよと文句を言ってやりたくなりました。

文句を言ってやりたくなったもう一つの理由は、この仕事の募集文や説明には画像のことは一切触れておらず、いかにも文章を書くだけでお金あげますよ的な感じで書かれていたからです。

しかも、慣れたら1~2時間でできる仕事です!という、いかにも慣れたら時給1500円ですよと言わんばかりのうたい文句が・・・。私が慣れていないせいなのかもしれませんけどね。

いくつかライティングの仕事をしましたが、文字単価だけで案件を探すとこういう酷い内容の仕事が山のようにあります。勿論、報酬に見合った仕事を提供してくださる人もいるとは思いますが、それを探すのはなかなか大変なことだと思います。私にはまったく仕事としては成立しなかったですし、稼げなかったです。

スキルアップできるのか

ライティングのスキルが上がるかどうか。これは依頼内容によると思います。

例えばタイトルが「2018年 コスパの良いパソコンランキング」という記事を書くとします。このランキングに出てくるパソコンを全て所有しているか試しに触ったことのある人なら、自分の感想を交えてオリジナリティある文章を書けると思いますが、全くパソコンについて知識がない人が書くとしたら、販売サイトなんかでスペックを調べてレビューサイトの評価を見たりして文章を書くことになります。

全く知識のない人間が人に紹介する文章を書こうとすると、どの文章も似たり寄ったりになってオリジナリティは出せません。

スキルが上がるとすれば、日本語をうまく使えるようになる(きちんとした文章校正をする人がいる仕事においてのみ)ぐらいです。あとは、タイピングスキルも上がるかもしれません。表現の幅を広げたいとか、オリジナリティのある文章を書きたいという人にはオススメできません。それなら自分で小説を書いていたほうがよっぽど良いと思います。

こういうことがあって、こんなことしてるぐらいなら自分でブログなりサイトなり作ったほうがよくないか?と思うようになりました。ブログは書いてもすぐにお金になることはないですし、副業と言えるレベルまで稼ごうと思ったら時間もかかりますが、自分の好きなことをテーマにすることで無理矢理人に自分の知らないもののことを紹介するという一番のストレスからは解放されました。

そういうのを抵抗なくできる人はクラウドソーシングに向いているのかもしれません。

自分の好きなジャンルに特化したサイト記事の募集があればやってみても良いかもしれませんが、お金になるとは思わないほうが良いですよ。

ブログを始める前に気をつけたこと

こういう経緯でブログをやることを決意したわけですが、私は15年ぐらい前(中学生の時)にブログや個人サイトをやっていた時期があってその経験から無料ブログではなくきちんと独自ドメインを買って有料サーバーと契約しようと思いました。

お金は多少かかってもきちんとしたサーバーを使う

無料で作れるサイトやブログは運営するのにお金がかからないのが一番のメリットですが、デザインがほとんど固定されているのであまり好きじゃないんですよね。

そして無料のサーバーはある日突然なくなる可能性があるんですよ。その提供元である会社が潰れてしまったり、サービスをやめてしまったら今まで自分が蓄積してきたものが一瞬で無くなります。

私の15年前の黒歴史サイトもいつの間にか消えてしまったのです・・・。まだスマホなんてなかった時代に、ガラケーでHTMLタグを駆使して作ったサイトがなくなった時には何が起きたのか全くわからずに茫然としました。

流石に大手のブログサービスが突然消えるということはないと思いますが、どうせ作るんだったらきちんと1から作ろうということで私は独自ドメインを取ってXサーバーを使っております。

稼ぐためにクラウドソーシングに手を出して、稼ぐどころかお金を出してブログをやるというわけのわからんことになってしまいましたが、充実感が得られるというのは大事なことなんですね。サーバー代の分、本業も頑張ろうと思えます。

病んでるのに頑張れるの?

自問自答ですが、病んでるから一人で引きこもって文章を書いている時間がストレス発散だったりします。人と会うのは疲れるから・・・。幸い、今繋がりのある友人には恵まれていて、遊びに誘ってもらったりした時には喜んで行くし、そんなに頻繁に外出するわけではないので良いのですが、なんとなく調子が悪い時でも誘われたら断れないタイプなので出かけちゃって疲れすぎてそのまま調子が悪くなる、ということもあるので、そういう時にはブログを書くことを言い訳にして引きこもろうとしています。

本と音楽の記事は勿論ですが、これからはたまに日常のことも書いたりするのでよかったら見てください。



日常カテゴリの最新記事