ハロウィンでしか騒げない人たち

ハロウィンでしか騒げない人たち

こんばんは。みんなハロウィンは仮装したり、お菓子配ったり、パーティーしたのかい?

僕は何もしていないよ。

日本人ってイベント大好きだと思わない?

バレンタインデーは好きな人に告白する日。

エイプリルフールは嘘を吐く日。

ハロウィンは仮装してバカ騒ぎする日。

クリスマスは恋人と過ごす日。

こういうイベントの日がないとなかなか行動できない、というか、こういうイベントの日には何でもやっていいと勘違いしてる気がする。

ニュースで見たんだよね。渋谷で車を横転させたり、痴漢したり、電柱に登ったりする人たちを。

成人式で暴れる人たちのことを思い出したよ。

かっこわる。

喧嘩したり、ちょっとヤンチャしてバイクで暴走したり、そういうのは別に嫌いじゃないんだ。

普段からそうしたくてやってるぶんにはかっこ悪いって思わないんだけど

お祭りとかイベントとかの日だけやるっていうのが僕は好きじゃない。

今の日本人は、イベントだからと言ってただ騒ぐ口実を探しているだけに見える。

そもそもハロウィンは子供がメインのイベントで(本来はもっと宗教的な意味合いのある行事)

大人が仮装するって時点でもう日本式にアレンジされてるんだよね。

その上暴れるっていうのはもうハロウィンではない。

ハロウィンに失礼だから名前変えた方がいいんじゃないかね。

ドンキホーテはハロウィンで売り上げが伸びてるから嬉しいだろうけど

センター街にあるショップは人が流れ込んできて売り物とか店内の物を荒らされて困ってるよ。

普段仮装とかできないからわざわざこの日に渋谷に行って仮装する、これが限界だよ。

田舎でも都会でもコスプレ好きな人は年中やってる。

それを普段目にして痛いと思ってる人間が、ハロウィンで仮装してるんじゃないの?

本当は楽しい行事のはずなのに、どうもここ数年ネガティブなイメージしかない。

と僕はニュースを眺めながら考えた。

話は変わって、最近MUCCと蜉蝣のアルバムを購入して聴いている。

MUCCは新痛絶、新葬ラ謳、時限爆弾、縁、蜉蝣はベストアルバムと大祐と黒の隠者達の漆黒の光を買ったよ。

それぞれまたレビューしようと思ってる。

あまり期待していなかった縁と漆黒の光が良くて喜んでいるよ。

そうそう、ですます調をやめようと思うんだ。

てか、やめたんだ。

よろしくね。




日常カテゴリの最新記事