メルカリのやり方-購入編-

メルカリのやり方-購入編-

非売品のブックカバーの入手方法としてメルカリとヤフオクを紹介しましたが、今回はそのメルカリについて解説したいと思います。ブックカバーだけでなく、本やCDも買えるメルカリ。

本屋さんでなかなか見つからない本やマイナーCDなどは通販でも取り扱っているところが少なく探すのが大変です。そんな時はメルカリで探してみましょう。

メルカリのやり方を徹底解説-購入編-

まだメルカリに登録したことのない人からすでに始めている人にも役に立つメルカリの活用法をご紹介いたします。

私がメルカリでよく買うものは、書店にはあまり置いていない書籍、レンタルでは取り扱っていないようなマイナーなCD、非売品を含むブックカバー、などです。自分の家にある不要品を売って、その利益でこういったものを購入しています。

メルカリの登録の仕方

メルカリはPC版、Android版、iPhone版とありますが、アカウントは共通でどのデバイスからでも登録できます。入力する項目はほとんど同じです。登録時に電話番号認証があるのでスマホやガラケーをスタンバイしておきましょう。

 

FACEBOOKアカウントやグーグルアカウントでも登録できますがここではメールアドレスでの登録方法をAndroid版の画面を使ってご説明いたします。

 

「メールアドレスで登録」を選ぶと会員登録の画面になります。メールアドレスはGmailなどのフリーメールでも大丈夫です。

パスワードとニックネーム、性別をそれぞれ入力します。次に招待コードを入力します。すでにメルカリをやっている友達がいればその人からコードを教えてもらいましょう。

特典は時期によって変わりますが現在は招待した側、された側、それぞれにポイントの当たるくじが引けるくじ引き券が1枚もらえます(はずれなし)。

この招待コードの入力は最初の会員登録の画面でしかできないので必ずここで入力するようにしましょう。

またPC版ではできません。周りにメルカリをやっている人がいない場合は私の招待コードを使ってください。「DTECXW」です。

 

 

電話とSMSの許可を求められたら、両方許可してください。本人確認で必要な権限になります。電話番号の入力画面になりますので入力し次へいきます。その電話番号にショートーメールで認証番号が送られてきます。

送られてきたらすでに認証番号が自動で入力されている場合があります。その場合はそのまま認証して完了のボタンを押します。入力されていない場合は自分で確認してから入力します。ショートメッセージが届かない場合は電話で認証番号を聞き入力します。

 

本人情報を登録しておくとすぐに出品、購入することができます。とりあえずメルカリの中身を見てから決めようという人はとばして後から入力することも可能です。


スポンサードリンク

 

メルカリの商品検索のやり方

検索には、カテゴリー検索、ブランド検索、キーワード検索があります。

商品名や型番などがわかっている場合はキーワード検索を使いましょう。検索結果を絞り込み検索することでさらに目的のものが見つかりやすくなります。

例えば新品未使用のものを探したい時は、商品の状態を新品・未使用にします。

送料込みのものだけを探したい時は配送料の負担を送料込み(出品者負担)にしましょう。

売り切れたものを表示したくない時は販売状況を販売中にチェックして売り切れのチェックを外しましょう。

 

 

検索条件を保存する

私はよく「非売品 ブックカバー」と検索するのですが、毎回入力するのが面倒なので検索条件の保存をしています。

検索をすると商品一覧の下に「この検索条件を保存」というボタンがあります。それを押すと今入力した検索ワードと条件を保存して、次回からすぐに同じ検索をすることができます。保存をすると通知をするかどうかを設定します。

 

通知を受け取るをオンにすると、その検索ワードに一致する新着商品の情報を登録したメールで受け取ることができます。

メールを受け取る頻度も多め(1日に2回)、普通(1日に1回)、少なめ(3日に1回)の3つから選ぶことができます。狙っている商品がある時は便利な機能ですね。

 

商品を購入する

欲しい商品が見つかったら商品ページ右下にある「購入手続きへ」を押します。売上金やポイント、クーポンを使用する場合はここで選択します。

支払い方法は、メルカリ月1払い、コンビニ/ATM、各キャリアの携帯払い、クレジットカード払いの中から選びます。全額ポイントで支払う場合は支払い方法を選択する必要はありません。最後に支払い金額と配送先を確認して間違いがなければ「購入する」を押すと購入が確定します。

メルカリ月1払いとは?

その都度支払うのではなく、1カ月分をまとめて支払うサービスです。支払い方法は翌月の1カ月中にコンビニ/ATMで支払うか、口座振替のみでポイントは使えません。個人的にはあまりオススメしない支払い方法です。

支払いが先だとどんどん買ってしまうため経済的ではないと思います。手数料が100円で買い物上限額は人によって違います。最初は5000円で、利用していけば20000円まで上がります。

コンビニ/ATM払い

購入後コンビニ/ATMで振り込みます。手数料が100円かかります。支払い期限はありませんが、通常1日~3日ぐらいまでに払うのがメルカリでの暗黙の了解になっています。それ以上かかる場合は事前に支払う日にちを出品者にメッセージで伝えておくのがベストです。

出品者によっては購入の翌日までに支払わないとキャンセルをするという人もいるのでコンビニ/ATM払いを選択する場合は気をつけなければなりません。

各キャリアの携帯払い

携帯利用料金と一緒に合算して払います。手数料が100円かかります。月1払いと同様使い過ぎに注意しなければなりませんが、クレジットカードがなくATMに支払いに行く時間のとりにくい人にはおすすめの支払い方法です。

ドコモだとdポイントが利用できます。購入手続きのあとに自動でドコモの支払いページにいくのでポイントを使う場合はそこで入力しましょう。

クレジットカード払い

手数料0円の支払い方法です。普通の買い物と同じ感覚で利用することができます。

ポイント払い

メルカリで商品を売ると売上金が溜まっていきます。売上金は現金として銀行口座に振り込みをしてもらうか、メルカリ内の買い物に使えるポイントに変えることができます。購入したものをポイントで全額支払うこともでき、こちらも手数料はかかりません。

購入時に気をつけること

メルカリはお店で購入するのとは違います。一般の人が出品しているフリマなので注意して選ばないと自分の想像とは違うものが届いたりします。せっかくの買い物を無駄にしないために注意すべきポイントをご紹介します。

説明文と画像をしっかり確認する

出品されているものが何なのか、またどのような状態なのかをしっかり確認しましょう。

新品であっても購入時期が古いものは注意が必要です。電化製品だと動かない可能性がありますし、香水だと変色している場合があります。また新品でない状態の場合はどのあたりに傷などの使用感があるのかを確認しましょう。

何の説明もない商品は画像しか判断基準がないため、気になることがある場合は出品者に質問してみるのも手です。

配送方法を確認する

メルカリでは発送方法に指定はありません。送料込みの商品の場合、出品者が一番送料の負担が少ない配送方法を選んでいる場合がほとんどです。大型の商品以外は普通郵便が最安となる場合が多く、普通郵便で送る人が多いです。

普通郵便は追跡機能や保証がなく、郵便事故に合うと届かない可能性があります。もし途中で行方不明になってしまっても代金は返ってこないので高額なものは特に注意しましょう。(良心的な出品者は郵便局に問い合わせてくれたりきちんと話し合いをして解決しようとしてくれますがそこに期待はしないほうがいいです)

匿名配送(メルカリ便)を使いたい人は、出品者が配送方法をゆうゆうメルカリ便からくらくメルカリ便と指定していないと購入した時点で住所と名前が相手に公開されてしまいます。

欲しい商品があるけれど配送方法がメルカリ便以外になっている場合は出品者にコメントで配送方法をメルカリ便に変更できるかどうか聞いてみましょう。出品者が商品情報を編集し配送方法がメルカリ便に変わったのを確認して購入すれば大丈夫です。

送料込みなのか、着払いなのかを確認する

ほとんどの出品者は送料込みを選択していますが中には着払いに指定している人がいます。着払いの場合距離によって値段が大きく変わりますので発送元の地域を確認して購入しましょう。

あまりにも遠い場合は商品価格が上でも送料込みの違う出品者の商品のほうが安くなることもあるので比較した方が良いです。

出品者のプロフィールを確認する

商品を購入するにあたって出品者のプロフィールを確認することは義務ではありません。しかしメルカリには禁止されているにも関わらず独自ルールを作っている人がかなり多いです。

よくある独自ルールは、「即購入不可(商品を購入する前にコメントを書いてください)」「ATM支払いの人は翌日までに支払わないとキャンセルします」「商品購入後にメッセージを送ってください(中には送らないでくださいという人も・・・)」「評価がない人や低い人とは取引しません」などです。

メルカリ本来のルールとしては、商品は購入ボタンを先に押した人のもので購入後メッセージを送る送らないかの規定はありません。先述したようにATM支払いも翌日までという期限はありません。しかし何らかのトラブルのあった人はこうした独自ルールを作ってプロフィールに書いています。

もし購入したい商品がある場合は出品者のプロフィールにこうした独自ルールがないか確認したほうが良いでしょう。

出品者の評価を確認する

取引が終わると購入者は出品者を良い、普通、悪いの三段階評価をします。その後出品者が購入者の評価をします。評価はプロフィール欄で確認できます。評価があまりにも低い人(★5のうち★4以下は確認したほうがいいです)は何か問題がある場合があるので、普通、悪いの評価コメントを読んでみましょう。

梱包が雑、商品の状態がきちんと説明されていない、など出品者に明らかな落ち度がある場合は注意したほうが良いです。

購入後に注意すること

購入ボタンを押すと取引が開始します。商品が到着してお互いの評価が終わるまで取引は終わりません。購入後から取引終了までに注意することをまとめました。

取引メッセージ

取引画面が表示されるようになると出品者に直接アプリ内メッセージを送れるようになります。商品を購入したら最初に1度メッセージを送っておいたほうが良いです。

私は「購入させていただきました。取引終了までよろしくお願いします」とメッセージを送っています。出品者から質問がない場合はこの1通のみで終わります。

メルカリの購入者側で評価を下げられている人は、連絡が一切ない、というのと評価が遅すぎる、という理由がほとんどです。取引開始時に挨拶のメッセージを送り、届いたらきちんと確認した上ですぐ評価をするということさえ守っておけばスムーズに取引を終えることができます。また家を空けていて数日帰れないなどすぐに評価ができない場合はメッセージでそのことを出品者に伝えておくと良いです。

受取評価

商品が届いたら中身を確認しましょう。また電化製品やCD、DVD、ゲームなどはきちんと動作するかも確認しましょう。

確認を終えて問題がなければ出品者の評価をします。評価は良い、普通、悪い、の3つから選び任意でコメントを入力します。こちらの評価が終わらないと向こうも評価ができず取引が終わらないのでなるべく早く評価をするようにしましょう。

中身を確認して違うものが入っていたり、説明より明らかに状態が悪いなどの場合は評価をしてはいけません。評価をしてしまうと返品やキャンセルが一切できなくなります。

何も問題なく取引が終わった場合は良いの評価をするのがメルカリ内での流れです。普通と悪いは何か問題がある時に選択します。普通と悪い評価をする場合は何が評価を下げる原因だったのかをいうコメントも書いておくと良いです。お互いの評価は取引が終了するまで見ることができず報復評価をされることもないのできちんと評価をした方がお互いのためになります。

まとめ

メルカリを始めたらまず購入したい商品を探します。見つけたら出品者のプロフィール、評価、商品説明などを確認したのち購入ボタン押します。取引メッセージで1度挨拶をして商品が届いたら受取評価をして取引は終了となります。メルカリは利用者数も多く商品もたくさんあるので注意すべきことさえ守ればとてもお得に買い物をすることができます。とくに非売品のものや発売時期が古く現在売っていないものを探している人におすすめします。

その他カテゴリの最新記事