芥川賞

小説「蛇にピアス」をレビュー。生きている実感を得るために。

第27回すばる文学賞を受賞、綿矢りささんの『蹴りたい背中』とともに、第130回芥川龍之介賞を受賞した作品「蛇にピアス」のレビューをする。過激な内容ながらも物語の純粋さや細部描写の秀逸さから評価された作品だ。
2019.03.30

小説「共喰い」をレビュー!タイトルの意味を考察。

芥川賞を受賞し、菅田将暉主演で映画化されたこともあり知名度は高いが、まだ読んだことのない人も多いのではないだろうか。この記事では「共喰い」のレビューと評価をしている。タイトルの意味やこの本の魅力を是非知ってもらいたい。
2021.03.31
タイトルとURLをコピーしました